カテゴリー

Category

呪縛

せかいのはて

                       自己肯定感 愛着形成   子育てによく使われる言葉   思春期に入ると自意識が芽生え、過敏になる時期、身に覚えがありませんか。 他人は自分のことをどう思っているのだろう。 鏡の前で自己評価は上がったり、下がったり、まして学校での成績や運動...

多様性を

karuta_soft_s

                       多様性を子どもたちに   若者が起こす凄惨な事件の報道を耳にするたびに日本の教育の在り方を考えさせられます。 日本の画一的な成績重視教育が本当に子どもたちを豊かにしているのでしょうか。 ヨーロッパでの移民国家では一人ひとりの「人権」を意識した教育制度が日本より格段に...

「部活」

中学生2

                       中学三年間 12才から15才 この時期がその後の人生を大きく変える時期だと常々思っています。 0才から大学生までと30年以上関わってきました。子どもたちの成長を観ていると10代前半での体験が大きくその後の人生を左右しているように思います。 どんな体験をしたのか、どんな大人に出会った...

児童文学

モモ

                       児童文学に出会っていると「生きる力」が断然強くなります。 この世にはいろんな人がいて、いろんな立場があって、何が起きても不思議ではないことを子ども時代から感じることが出来るからです。 予想できないこと、まさかと思うことが必ずやってきます。 そんな時、すぅーと受け入れられたり、バネに...

2ヶ月のHome stay受け入れをしてみて

IMG_4169

                       11月からオーストラリアの16歳の男の子を受け入れし、先日帰国となりました。 日本には家族で何度か来たことがあるようでしたが、Home stayは初めてとのこと。 当然初日はhome sick 大丈夫かな~と思いましたが、学校に通い部活にも参加し、何事にもTry!する姿勢がみられま...

お母さんは偉い!!!

mother-03

                       お母さんたちの応援団   先週、4回に分けて約40名のお母さんに会いました。 1才の子どもを持つお母さんから大学生のお母さんまで。 本当にお母さんは偉大です。一時も目を離せない子どもを抱え、睡眠も足りず、自分よりも子どもを優先し、仕事復帰に頭を抱え、いっぱいいっぱいです。 ...

未来へ

S_5635814692741

                       他の人のために どんな人を応援してあげたいですか。 自分のことだけ、自分の子どものことだけ、自分の家族のことだけを考えながら生きている人より、少しでも誰かのため未来のために動いている人を応援したくなりますよね。 そのような人は結局、他の人からも助けてもらえ、信頼される人になります。...

インドから

th[6]

                       インドから受け入れ   先週インドの高校生がHome stayをしていました。若干16才、初めての海外、初めてのHome stayで緊張はMAX 初対面の際に顔がこわばっている様子が彼の心配を物語っていました。 食事はビーガン、肉、魚、卵、乳製品は一切取らず、デザートも食べま...

2017年 ご挨拶

IMG_9587

                       2017年 明けましておめでとうございます。今年も皆さまにとって実りの年になりますようお祈り申し上げます。 昨年は地域絵本講座、子育て支援、シニア支援、わかもの支援と活躍の場をいただけたこと、感謝しております。今年も更に〝気付き″の場を用意し、一人ひとりのエンパワメント力向上に邁進いたします。...

広告の裏

IMG_4316

                       「寝る前に絵本を一冊」の中村 文江です。   夫が年のせいか、仕事で疲れを見せ始め気になっていた。仕事辞めてもいいんじゃない、とは言ってみたものの、様子をみていた。 そんな夫が広告の裏に何やらメモ書き、箇条書きに書かれたものは今の職場の若者に伝えたいことだとか、彼は医療系の仕事でた...

TO TOP